水のトラブルの被害にあわないために

水のトラブルの被害にあわないためには、まず定期的な掃除とメンテナンス、気配りが欠かせません。といっても、壊れてもいないものを取り換える必要はなく、詰まる前に薬剤を使って詰まりの原因を取り除いたり、少し亀裂が入りかけていたらそこをすぐに修繕する、トイレットペーパーは少しずつ流すという日頃の気配りです。

■水のトラブルで他人に迷惑をかけてしまったら

まず水のトラブルの原因が経年劣化なのか過失なのかを追求しましょう。アパートやマンションの場合経年劣化であればその責任はオーナーである大家さんか管理会社が背負う場合もあります。ただ、金額の面での出費はありませんがその後も続けて住もうと考えているならば、迷惑をかけた方に誠心誠意謝罪し悪いイメージを持たれないようにした方がいいでしょう。



■直せないことはやらない

とりあえずで、何の知識もないのにいろいろとチャレンジして余計に被害を広げてしまう人がたくさんいます。方法がわからない時は、何もせずに業者を呼びましょう。費用も最小限に抑えられます。特に水漏れやひび割れなど専門的な知識を必要とするものは専門家に頼りましょう。費用を考えて自分で直してみようとして失敗すると、改修が不可能になり総取り換えで莫大な金額になることもあります。



■まとめ
水のトラブルは防ごうと思っても完全に防げるものではありません。ただ、対処法を知っておくことで出費や被害を最小限に抑えることができます。特に水のトラブルでは、詰まりなら自分で直せることが多いので、有事の際は知識を活かして対処してみてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ